【第2回】コレクションについて -Lightroom実践講座

良いwebサイトのデザインは全てのページに3クリック内でアクセスできる、って聞いたことがあるんですが、

Lightroomを使えば、いままで撮った写真でそれに近いことができますよー。

というわけで!初心者tuckによるさらに初心者に向けてのドヤ顔Lightroom実践講座、

 

今回が第2回なんですけど、前回は写真を読み込んでライブラリの表示をカスタマイズしました。

次は読み込んだ全ての写真から、編集する写真を選別するわけなんですが、

ここで「コレクション」を使うと便利ですよ、というのが今回のお話です。

バージョン / Lightroom 5.3 for windows

 

まず取り込んだ写真から良いと思った写真を選んでいきます。webにアップするとかしないとか、

あまり考えずに、「クイックコレクション」という場所にどんどん入れてしまいます。

複数枚写真を選択して、サムネイル右上にある丸いマークをクリックしても追加されますし、

左サイドバー上部のクイックコレクションの項目にドラッグしてもオッケー。

 

次にそのクイックコレクションに入れた写真から、さらに選んで写真の編集に入るわけですが、

現像にかんしては次回からスタートしていくので、前後しますがその後の写真の管理にいきます。

 

クイックコレクションとは別に、左サイドバーの下にもコレクションという場所があります。

ここではクイックコレクションに対して、よりストック型のコレクションを作れるわけです。

ここの「スマートコレクション」という項目では、じぶんで条件をカスタマイズできるので、

「一ヶ月以内に撮った写真」とか「ビデオファイルのみ」とか、

カメラを数種使っているならカメラの種類とか、いろいろと設定してフィルタリングできます。

じぶんは「編集済みの写真」と、2週間以内の条件で「最近編集した写真」とあとビデオのコレクションを作ってます。

で、条件にあてはめなくても「新規コレクション作成」から、

たとえばモデルさんの名前とか、「風景」とか「展示用」とか、好きな名前をつけてコレクションをつくれます。

ここにはスマートコレクションとは違って、じぶんで写真を追加していかないといけないんですけどね。

じぶんの場合は「Unpublished」というコレクションを作って、クイックコレクションに入れたけど、

けっきょくアップしていない写真を、どんどんここに放り込んでおきます。

アップした写真は「Tuck Journal」と「Tumblr」とコレクションをつくってあるので、それぞれに振り分けています。

 

写真を食材に例えると怒られちゃうかもしれませんが、

クイックコレクションがキッチンで、スマートコレクションを含んだコレクションが冷蔵庫、

で、すべての写真が見れるライブラリはスーパーマーケット、みたいなかんじですかね。

キッチンは常にきれいに、ということで、クイックコレクションは空の状態をキープしておきます。

 

じぶんはこことTumblrにほぼ毎日写真をアップしてますけど、この仕組みで、

写真管理に関してのストレスはほぼゼロです。あとはびしばし外に出て撮るのみ。

というわけで、第2回でした! つっこみや苦情はTwitterFacebookまでお願いします笑。

 

さて次回はいよいよ現像。「プリセットについて」です。みんな大好きVSCOにもふれていきますね。

 

Lightroom実践講座