Fujifilm X-M1 を1年使いました。

Fujifilmに仲間入りして、ちょうど1年がたちました。 カメラ本体 X-M1 と単焦点レンズ XF35mmF1.4 R という組み合わせなんですが、

間違いなく言えることは、もうすっかりFujifilmのファンになってしまったということです。

 

Fujifilmのカメラは色が良くて、フィルムメーカーならではのこだわりで有名です。

ちょっと古いですけどWIREDのこの記事のリンクも置いときますね。

参照 : すべては色再現性のために:「X-M1」に宿る、富士フイルムの矜持

 

難しいことは理解できなくても、まぁ使ってみればわかります、といった感じがあります。

「じぶんいつもLightroomとVSCO使ってるやん」、というつっこみを受けそうなので、今日の記事は全てノーエディットの写真で。

若干、露出の補正はしましたが、ほぼノータッチです。めちゃ綺麗でしょ。

 

X-M1はもちろんいいんですけど、レンズの XF35mmF1.4 R がとにかく凄いのなんの。

帰宅してからPCのモニター見て「おぉっ!」となったことは1度や2度ではないです。

APS-CでF値1.4の単焦点レンズ、しかも純正で5万円をきるのは今のところFujifilmだけですからね。

 

このレンズを使いたい、という理由だけでもFujifilm の仲間入りする価値ありますよ。

 

べた褒めしてますけど、イケてない点ももちろんあって、AFが遅かったりピントが後ろにすっぽ抜けたり、

じゃあMFで!と思ってもメニューの階層をだどらなければMFへの切り替えができなかったりと不満もあります。

後付けファインダーの選択もない(構造上つかない)というのも人によってはマイナスですね。

まぁそのへんがあれなら X-E2 や、X-T1 があるのですが。

 

というわけで、X-M1 + XF35mmF1.4 R 、取捨選択はありつつも、

このコンパクトさで得られる写真は、最小限で最大の効果だと確信しています。

 

「断捨離」や「モノより体験」という価値観が一般的になり、じぶんもそっち側なわけですけど、

モノそのものに愛着を持つことも忘れてはいけないですよね。

上記リンク先でも「カメラ本来の魅力」とありますが、ほんとうにそれを感じさせる、素敵な相棒です。

 

Thanks : Hachiko, Shoko, Touya, You

Similar Posts