連日、写真や原稿の納品が続く。毎回、こちらが恐縮するくらい良い反応をいただいています。いや、素直に嬉しい。そもそも先方は既に保井の写真や文章を知っていて、その前提があってお仕事をご一緒しているわけなので、結果に行き違いがうまれることはほとんどないのです。見方によっては、それが成長を阻むということもあるかもしれません。

「フリーランスは成長しない説」というのがあります。会社員であれば、会社という単位でリスクヘッジがとれる状況のもと、個人の責任能力をはるかに超えるプロジェクトに関わることができます。悩んだり苦しんだりしながらも、それを乗り越えていくわけです。確かに成長するんだろうな。

写真家、フォトグラファー、カメラマン、なんでも良いんですが、いまのこの仕事になって悩んだり苦しんだことが一度もない。というかとても楽しい。

うむ、ちょっとくらい悩んでたほうが大物っぽく見えるのではなかろうか。そんなことを考えている時点で小物なのだけど。