おっと、少し間が空いてしまった。仕事の写真編集や原稿が残っていると、こうやってブログを書くのが後ろめたくなってしまうのです。それは良くないことなんですけどね。ずっと書けなくなるということなので。せっかく頑張ってるので、次くらいからぼちぼち仕事の報告とかもしていこうと思います。

さて最近、なぜかお金の話をする機会が数回ありました。少なくともじぶんの周りの人たちは、驚くほどお金の知識がなくて、ほんとうになぜなんだろうと疑問に思う。「ガソリン?何とかなりますよ」と言いながら車を飛ばしているようなものではないか。

かく言うじぶんだって、ちゃんと勉強をしたのが昨年のこと。本を読みまくって、結局は「時間を味方につけること」だけ理解しました。付加年金、iDeCo、小規模企業共済、つみたてNISA、などなど。フリーランスとして現時点で出来ることは全てカバーしたつもりです。あとはなんだろ、楽天カードを作って全ての支払いを集約してポイントをためて、それを毎月のつみたてNISAに充当させるとか、ふるさと納税とかですかね。

とはいえ、わりとメジャーな感のあるふるさと納税だって、iDeCoや小規模企業共済に比べると節税のインパクトはめちゃくちゃ低いんだけど。

さて、上記のような制度を利用する際の手続きは、どれも煩雑で時間がかかるものの、一旦システム化してしまえば、あとはほったらかしです。コロナ渦で「投信基準価額下落メール」が毎日届いていたけど、証券会社にログインすらしなかったな。

「投資は怖い」とか「お金の話をする人は怪しい」とか、まぁ全くの嘘ではないけど、目の前のリスクを過剰に見積もりすぎて、より長期的なリスクに目を向けないのは良い選択ではないと思うのだけど。

余談ですが、楽天経済圏にどっぷりつかっているものの、企業としての楽天は1ミリも尊敬していません。原因はやっぱりメルマガですかね。